洗口、うがいについて

太田新田歯科医師会

須藤歯科クリニック
須藤 福太郎

洗口、うがいについて

現在の全国的に新型コロナウイルス感染症の感染拡大がまん延している状況において、新しい生活様式の実践が提言されています。3密の回避、手指消毒洗口の徹底、ソーシャルディスタンスの確保などです。今回はその中の洗口、うがいについてお話したいと思います。

「うがい」の語源は、鵜に魚を飲み込ませてその後吐き出させる様子と似ていることから、「鵜飼」からきているとのことです。文献から、日本では少なくとも平安時代後期から行われていたことがわかっています。

うがいの効果としては、まず洗浄することにより、口腔内に付着している細菌やウイルスを体内へ排除することです。また、のどを適度に刺激し、粘液の分泌や血行を促進します。さらに、のどの潤いを保って異物を排出する線毛運動の活発にさせます。他に口臭の軽減や、誤嚥性肺炎の予防にも一定の効果があると考えられています。

うがいの手順

  • 口に水を含み強くぐちゅぐちゅしながら洗い流す。(ブクブクうがい)
  • もういちど水を含み上を向いて喉の奥まで届くようにうがいをする。(ガラガラうがい)
  • 10~15秒ほどで吐き出し、二、三回繰り返す。

注意点

うがいの前に手洗いをする。ガラガラうがいは飛沫が拡散する恐れがあるので、周りに人がいない所で行う。飛沫を防ぐため優しく吐き出す。

うがい薬の使用

補助的に使用。消毒、殺菌に効果あるが、常在菌のバランスが崩れたり、粘膜が傷ついたりするため、使い過ぎは注意。最近出された東京歯科大学の先生の論文によれば、リステリン液がコロナウイルスに一定の効果があるとのことです。

緊急事態宣言が解除されましたが、コロナウイルスの脅威は依然として続いています。

自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことを心がけ、一人ひとりの方が新しい生活様式に順応していただければと思います。

歯と口の健康フェア中止のお知らせ、歯科受診について

太田新田歯科医師会

太田アクア歯科クリニック

院長 生方 真人

歯と口の健康フェア中止のお知らせ、歯科受診について

例年、太田新田歯科医師会では、「むし歯予防デー」にちなみ6月の第1週の日曜日にイオンモール太田2Fイオンホールにて、「歯と口の健康フェア~歯っぴいライフで8020~」と題したイベントを開催しておりました。

残念ながら、新型コロナウイルス感染症の影響で今年の開催は中止になりました。協賛していただいている各団体の皆さん、またご期待して来場いただいていた皆さんにはご迷惑をおかけします。

命を守るために自粛は必要ですが、新型コロナウイルス感染症で普段の生活に悩まされておられる方が大多数だと思います。

その中で、歯科医院は行っていいのかどうか考える場面があると思います。基本的に症状がある方や詰め物や被せ物が取れたといった場合は、かかりつけの歯科医院にご相談の上処置を受けてください。基礎疾患がある、高齢であるといった理由で診療に二の足を踏んでおられる方もまずは相談をして下さい。放置したままにすると、治療により時間がかかる場合が多いです。

医療従事者のPPE(個人防護具)が不足していることはご存知の通りです。コロナ感染症の最前線で治療をしている方々にPPEが最優先で融通されることは当然です。その中で、私たち歯科医師、スタッフも可能な限りの感染予防をして、知恵を出し合い治療に臨んでいます。

普段だったら具合が悪ければ病院に行く、健診をする。そのことで早期発見、早期治療ができるわけです。もちろん歯科でも同じです。

日本歯科医師会で発表しておりますが、歯科医院で歯科治療が原因と考えられるコロナ感染は確認されていません。定期検診やクリーニングなどもかかりつけの歯科医院に相談してみて下さい。長く歯科にかからない状態が続けば、予防ができた疾患も治療をしなくてはならない状況になってしまいます。もちろん、体調不良や発熱などがないことが大前提です。

もともと歯科は肝炎ウイルスなどの感染に留意して来ました。しかしそれらのウイルスは主に血液を介して感染するものです。今回のコロナウイルスは飛沫感染、接触感染になります。「新しい生活様式」ということが言われていますが、わたしたち歯科についても今後感染に注意しなければならないことを新たに整理して考えていかなければなりません。少しでも患者さんにとって安全に、またスタッフにとっても安心して働けるよう考えて行こうと思います。

歯科訪問診療について

太田新田歯科医師会

医療法人社団 聖医会 田中歯科医院

理事長 田中 靖人

 

歯科訪問診療について

 

歯科訪問診療とは、病気や障がい、高齢などの理由で自宅療養中の方や、施設に入所中の方など、歯科医院に通院できずにいる方を対象としています。歯科医師と歯科衛生士が自宅または施設などに訪問して歯科治療や、口腔ケア、口腔リハビリを行うことを言います。

歯科訪問診療の治療内容は一般的な歯科治療のむし歯治療や歯周病の治療、入れ歯の調整、修理、作製が中心となります。

また、歯科医師や歯科衛生士が口腔ケアや口腔リハビリを行なったり、患者さんのご家族や施設の介護者に対して、口腔内の健康増進のためのアドバイス行ったり、その他のご相談にのることもあります。

入れ歯の調整器具はもちろん、歯を削るためのドリルや、口の中の水を吸い取る器具も持ち運び可能なものを持参しますので、歯科医院の中で行う治療とほぼ同じ歯科治療を受けることが可能です。加えて、痛みや腫れがある歯で治療が難しい場合は、局所麻酔を行い抜歯することも可能です。

しかし、歯科訪問診療は、通常の歯科医院に通うことが困難な方の歯科治療となりますので、全身的な状態や現在飲んでいる薬の内容、他の科の治療内容によっては歯科治療の内容が制限されてしまうことがあります。ゆえに、患者さんやご家族の希望を担当歯科医が聞いて必要に応じて他科の担当医と相談の上、歯科治療の内容を決めた上で歯科治療がスタートします。

まずは、すでに症状がありお困りの方はもちろん、歯科治療が必要と思う方や、歯科治療を受けるべきかの判断がつかない場合など、お気軽にかかりつけの歯科医院へご相談ください。またケアマネージャーさんに相談されても良いと思います。相談する先の無い方は太田新田歯科医師会の歯科訪問センターにご連絡ください。

ぜひともかかりつけ医院を持って頂き、普段より健康なうち、若いうちからしっかりとむし歯や歯周病の予防管理をする習慣をつけて下さい。そして通院できない状態になってしまいましたら、歯科訪問治療をご利用頂ければと思います。

新型コロナウイルスが世界中で流行しています。口の中を清潔に保つことが新型コロナウイルスの感染予防にもつながると言われています。

むし歯や歯周病で歯を失わないためだけではなく、ご自身の健康のためにも、普段より口の中を清潔で健康な状態に保ってください。

全ての人々が口から食べられる喜びを享受され、健康でいきいきとした毎日を過ごされることを心よりお祈り申し上げます。

祝 オリンピック・パラリンピックイヤー

太田新田歯科医師会

天田デンタルクリニック

院長 天田 朋宏

 

祝 オリンピック・パラリンピックイヤー
スポーツと歯の健康には関係あり。

最近では健康のために何かスポーツをされている方も多いのではないでしょうか。アスリートの方はスポーツを競技として全力に取り組み、勝敗にこだわり、記録を追及していることでしょう。

スポーツをされている方たちはとても健康的に見えますが、オリンピックの代表選手のお口の中を調査してみると、同世代のお口の中の平均と比べてむし歯が多いという傾向が調査でわかっています。むし歯は一つの例ですが、スポーツを激しく行っている人たちほど、お口のトラブルも多くなるということになります。

 

  • むし歯のリスクの増加
    むし歯になる可能性は練習時間が長くなるほど高くなる可能性があります。その理由としてはスポーツドリンクを頻繁に飲んだり、栄養補給の間食をとる回数が増えるために、お口の中が常にむし歯になりやすい環境になってしまうためと考えられています。

 

  • 歯周病リスクの増加
    歯ブラシをしていても、歯ぐきの腫れや歯石がついていることが多くみられます。歯ブラシをキチンと行えば歯肉炎などにはなりませんが、スポーツをしている時のお口での呼吸がリスクを高くする要因と言われています。口が乾くことで、汚れが付きやすくなったり、自然に唾によって洗い流されることが減ってしまうことなどが原因です。

 

  • 顎関節症リスクの増加
    スポーツをしていると、接触などによって顎の関節を痛めてしまうこともあります。特にコンタクトスポーツなどではそのリスクが大きいと言えます。また力を入れる際に喰いしばることも多くなると思います。その喰いしばりによって歯がすり減ってしまったり、口を動かす筋肉が筋肉痛の状態になることもありますので、注意が必要です。

 

スポーツを頑張っていると、競技活動が多忙で、なかなか治療や検診に行けないということもあると思います。しっかりと噛めることで、運動時のパフォーマンスも上がると考えられています。お口の健康に気をつけることは、一周回って競技の為になる、と私は考えています。

 

この機会にスポーツを頑張っている方もそうでない方も、定期検診でむし歯や歯周病の検査、スポーツマウスガードによる外傷の予防などにも気を使ってみてはどうでしょうか。

健康における歯の大切さ・定期検診の大切さ

太田新田歯科医師会

医療法人恵優会 理事長 八木 大輔

 

私たちの平均寿命が伸び最近では「人生100年時代」といわれるようになりました。健康寿命がどのくらいあるのかはQOL(クオリティ・オブ・ライフ)にとって非常に重要です。

 

健康寿命を長くする要素として、歯の健康がとても大切になることが様々な研究でわかってきました。年を重ねても歯をどのくらい残せているか、またその残っている歯がどれくらい健康な状態かが重要ということです。

 

歯は、食べ物を噛み砕くためだけのものではありません。会話の発音を助けたり、顔の表情をつくるなど日常生活に必要な役割を持っており、歯を失うと食べ物が噛みずらくなるだけでなく体全体にも影響が出てきます。

 

最近の研究によると歯の数と認知症の関係性が確認されています。歯を失うことで脳への刺激が減り、歯が20本以上残っている人と歯があまりない人で比べると認知症のリスクが約1.9倍になるという結果も出てきています。また、歯の健康を維持する上で非常に重要な病気が歯周病です。

 

歯周病は歯茎が炎症してしまう病ですが、これが歯に悪いだけでなく、身体全体に悪影響を及ぼすということも分かっています。炎症した歯茎から菌や炎症物質が身体に入り込み、血管を通じて全身に悪さをします。それによって、糖尿病・高血圧・脳梗塞などの病気を引き起こしやすくなるということが分かっています。また、歯のかみ合わせのバランスが悪くなると、顔にしわができたり、あごや関節が歪んだり、姿勢や背骨の歪みなどに影響が出る方もいます。

 

私たちの歯は一度を失ってしまうと戻ることはありません。1日でも長く持たせるためには適切な歯磨きに加え、歯科医院での定期的検診を受け、早期発見・早期治療を行うことが重要です。定期検診で小さい虫歯が見つかれば、痛みが出てから治療するより治療回数も治療費も最小限に抑えることができます。

 

もし、長い間歯医者に行っていない、もしくは少し気になるところがあるけどそのままにしてしまっている方は、ぜひかかりつけの歯医者さんで検査してみてはいかがでしょうか?