知覚過敏のギモンにお答え

太田新田歯科医師会
小森谷歯科医院
院長 小森谷 和之

 

冷たいものを口にしたり、歯磨きをしたとき、ズキッとしたりキーンとしみる「知覚過敏」

この症状は意外に厄介で、歯医者さんで見てもらえばすぐに治るというものではありません。

キーンとしみるそのわけは

歯のつくりは、中心に歯髄と呼ばれる神経、血管組織があり、それを覆うように内側から順に象牙質とエナメル質があります。

一番外側のエナメル質は人間の体の中で最も固く、知覚がありません。

ところがその内側の象牙質には歯髄につながる知覚があります。

知覚過敏の原因は、何らかの原因で象牙質が露出してしまったことによります。

歯のしみる症状は歯が痛んでいるサインのことがあります。

  1. 歯周病

歯周病が進行すると、歯肉が下がって歯の根の象牙質が露出します。

  1. 歯のすり減り

強い力での歯磨きにより歯がすり減る

歯ぎしりなどが原因でエナメル質がすり減ってしまう。

  1. 歯のひび割れ

目に見えないひび割れの可能性があります。

  1. 酸蝕症

すっぱいものでエナメル質が溶けてしまっていることがあります。

  1. むし歯の再発

以前の詰めものの周りや中でむし歯になっているときがあります。

治療について

まず歯磨きをしっかりしていただきます。歯磨きを丁寧にしていただいただけで症状がよくなる方もいます。

次に歯髄の感覚を鈍くする「鈍麻」ということを期待するような薬剤を使用します。

効果が薄い場合には、先ほどの象牙細管の「封鎖」を行います。

ここまでやっても症状が完全に消えることがないことがありますし、消えても再度症状が出てしまうことがあります。

その際はかかりつけの先生とどういう治療をすすめるかよく相談してください。

親知らず、抜く?抜かない?

太田新田歯科医師会
引田歯科口腔外科
院長 引田 正宣

親知らずは、前歯の中心から数えて8番目にある奥歯の最も後ろに位置する永久歯です。

親知らずが生えてくる年齢は10代後半から20代の間が多いですが、30歳を過ぎてから生えてくる人もおり、個人差が大きいのが特徴です。

口の中に見えていなくても、顎の中に埋まっている場合もあります。

親知らずの抜歯というと、怖いイメージがあり、絶対に抜かないといけないのかと歯科医院への受診を躊躇っている方もいると思います。

今回は親知らずの抜歯を検討する上での基礎知識として、親知らずを抜いた方が良い場合、抜かない方が良い場合を簡単に紹介します。

まず結論から言えば、親知らずに現在問題が起きている場合、将来的に問題が起きることが予想できる場合は抜歯を勧めます。逆に現在問題なく噛み合わせに役立っている場合、将来的に歯を失った際に治療に利用できる場合は保存を勧めます。

具体的に抜歯が望ましい場合は

  • むし歯や歯周病になっており、一度でも痛みや腫れを感じたことがある。
  • 横向き又は一部が埋まった状態で生えていて、十分に掃除ができない状態(将来的にむし歯や歯周病になる可能性が高い状態)である。
  • 自覚症状の有無に関係なく、顎の骨の中に埋まったまま嚢胞(のうほう)や腫瘍の原因になっている。
  • 歯科矯正後の位置移動を予防したい。

等があげられます。

次に抜歯しない方が良い場合は

  • 清掃状態が良好で、むし歯や歯周病になっていない。先に挙げたような問題の原因になっていない場合
  • 真っ直ぐずれなく生えていて、上下の歯が噛み合っている場合
  • 将来的に奥歯が無くなりそうな方で、ブリッジや部分入れ歯、歯の移植に利用出来そうな場合

があげられます。

歯の移植と言うと、あまり聞かないと思いますが、条件が合えば自分自身の親知らずを、失ってしまう奥歯の代わりに移植して利用することができますので、知っておくとよいと思います。

親知らずの抜歯の是非について述べてきましたが、歯科医師は抜歯にあたって、基礎疾患の有無、手術の難易度、患者さんの痛みへの耐性、様々な条件を考慮して、メリットとデメリットのバランスを考えて診断、加療を行っています。抜いた方が良い親知らずか否かを自己判断するのは危険ですので、あくまで参考として頂ければ幸いです。

あなたの歯磨きの常識は大丈夫?〜歯ブラシの選び方〜

太田新田歯科医師会

もろ歯科医院
院長 毛呂 慎

「磨いているのと磨けているのは違います」

僕も小学校の講話などでよく使う言葉です。実際にむし歯の治療をしている患者さんが「ちゃんと磨いているんだけどなぁ。なんでむし歯ができちゃったんだろう?」と困惑する場面があります。確かに細菌の塊である歯垢が歯ブラシによって除去されていれば、むし歯になることは無いわけですから、取り残しがある事は誰の目にも明らかですね。

「小さめの歯ブラシを使って、毛先にちょっとだけ歯磨剤を付けて、小刻みに動かす」

大きすぎる歯ブラシは細かい部分が磨きづらいし、歯磨剤が多すぎると泡がいっぱいになっちゃうので時間をかけて丁寧に磨くのが難しくなる。ですからもちろんこの指導内容は正解です、但し…

これは歯磨きが上手で、時間もそれなりにかけることができる(図の右上に該当する)人が、歯科医院にてちゃんと指導を受けた場合なのです。

日本歯科医師会HPより

それでは歯磨きが面倒とか『自称』忙しくて時間がない場合(図の左下に該当)はどうなのでしょうか?まずできるだけ多くの歯垢を取り除かなくてはいけませんのでやや大きめの歯ブラシを使います。そして歯磨剤を多め(毛先の2/3程度)にして、その中に含まれているフッ素の力を借りるんです。ご存知のようにフッ素にはむし歯を食い止める働きがありますので、なるべく口の中に高濃度で長時間とどまっていて欲しい。そのためにも歯磨きのあとのうがいは控えめに。口の中にフッ素を置いてくるイメージを持ってください。毛先が細いタイプは隙間などに届きやすい反面、毛先が柔らかいため歯垢を掻き出す力が弱いので、ゴシゴシと磨く人には向いているとは言えません。

いかがですか、え〜本当?って思いますよね。つまり正しいと言われている歯ブラシや磨き方は1つではないのです。

皆さん一人ひとりのタイプによって、選択する歯ブラシや磨き方が変わってくるのです。言うまでもなく、時間をかけて丁寧に隅々まで磨くことがベストなのは間違いないです。

でも100%汚れを落とせる人なんか居ません、歯を磨いていればむし歯や歯周病にならない…訳ではないのです。だからこそ、そこを補っていくのが我々歯科医師や歯科衛生士の役割だと考えています。

「歯ブラシなんて何でも同じ、いつも適当に以前使っていたものを買ってるし」

そんなあなた!一度騙されたと思ってかかりつけお勧めの歯ブラシを使ってみてください。目からウロコですよ、きっと。

唾液と齲蝕の関係

太田新田歯科医師会
おおた阿部歯科クリニック
院長 阿部 義則

唾液と齲蝕の関係

 

唾液には生体にとってとても多くの大切な機能があります。

その中でも、齲蝕の発生に大きく関わっております。まず、齲蝕の発生は、歯面に付着した歯垢(プラーク)中にいる細菌が酸を作り、その酸の作用で歯質が脱灰され生じます。しかし唾液には、歯面に付着した歯垢や食べかすを洗い流す自浄作用や、細菌の増殖を抑える抗菌作用、酸性に傾いた口の中のpHを中和させる緩衝作用、溶けかけた歯の表面を修復する再石灰化作用などの作用があり、齲蝕の発生を防止するのに役立っています。

しかしながら、加齢的な変化や特殊な疾患及び、薬の長期服用に伴う副作用などで唾液の分泌量が減少すると、これらの唾液の作用も減少し、齲蝕の発生率も高くなります。

唾液の分泌量を調整することは困難なので、徹底したプラークコントロールが大事であり、口渇による分泌量の減少には、常に水やお茶などで口腔内を潤わせたり、飴など(シュガーレス)で唾液が出やすいようにすることが大事だと思います。