オーラルフレイルについて

太田新田歯科医師会
尾島デンタルクリニック
院長 林崎 雅樹

オーラルフレイルについて

【オーラルフレイルとは】

「オーラルフレイル」は、「オーラル(お口の)」「フレイル(弱い)」という言葉が表す口腔機能の軽微な低下や食の偏りなどを含み、身体の衰え(フレイル)の一つです。

高齢者のささいな口腔機能の低下(滑舌低下、食べこぼし、わずかのむせ、噛めない食品の増加)による、虚弱や老衰など介護が必要となる一歩手前の段階をいいます。

【こんな時に要注意】

□噛めない食べ物が増えた

□滑舌が悪くなったと言われる

□食べこぼしが増えた

□飲み物などでむせるようになった

□口が乾燥しやすくなった

などの口腔機能の軽微な低下や食生活の偏りが初期サインとなります。同居しているご家族の方はもちろん、施設に入居している方の場合は施設の方が早めに気づくことが大切です。

オーラルフレイルは、健康と機能障害との中間にあり、可逆的であることが大きな特徴の一つです。つまり、早めに気づき適切な対応をすることで健康に近づきます。

【放置すると】

オーラルフレイルを放置すると、「歯の喪失→かむ能力の低下→かめない、飲み込めない(摂食嚥下障害)→低栄養→身体機能の低下→要介護・寝たきり」という経過をたどることがあるため、早いうちから対策を行うことによって、歯や口の機能低下を予防することが重要です。

【どうすれば?】

ご自身や周りの方が出来ることとして、お口の中を清潔にすることはもちろんとして、「口周辺の筋肉を強くする運動」「マッサージ」などがあります。

運動に関しては舌のストレッチや頬を膨らましたりなどで、マッサージに関しては唾液腺の分泌をよくするマッサージです。

そしてご家族の方や施設の方も悩まずに、かかりつけの歯科医師に相談することをおすすめいたします。

年末年始休日歯科診療について

太田新田歯科医師会
野村歯科クリニック
院長 野村 貴正

年末年始休日歯科診療について

 

太田新田歯科医師会では年末年始休日歯科診療を12月29日より1月3日まで行っています。

当会館での休日診療は歯科緊急診療処置を行うために設けられているため緊急症状に対しての一日限りの診療を原則とさせていただきますので、その後の診療処置については、かかりつけの歯科医院で処置を受けていただくことになります。

年末年始でかかりつけの歯科医院も長期間の休診となることが予想されます。

お口に不安のある方、しみている歯がある方、詰め物が取れたままになっている方は早めの受診をお願い致します。

診療時間   午前10時より午後1時

最終電話受付 12時30分  最終来館 12時45分

0276-45-7320 

太田市新井町516-18

歯科医師会館では新型コロナウイルス感染拡大防止のため細心の注意を払い予防策を講じております関係上、待合室で複数の患者様がお待ちにならないように必ず電話連絡の後、来館してください。また、診察の前に検温や問診等を実施させていただきます。患者様の症状によっては、診療内容を一部制限させていただくことがあります。

受診時は保険証(コピー不可)を忘れずに、ご予約時間に余裕を持って来院ください。また、受診時の健康状態把握のため服用している薬(お薬手帳)や既往歴などを分かるようにしておいてください。

大変ご不便をおかけして誠に申し訳ありませんが、ご理解ご協力をお願いします。

*保険証の確認ができない場合は10割負担となりますが、後日会館まで保険証をご持参いただければ差額の返金対応をとらせていただきます。

噛みんぐ30(カミングサンマル)運動

太田新田歯科医師会
恩田歯科医院
院長 恩田裕司

皆さん、「カミングサンマル運動」って知っていますか?よく耳にする、「8020運動」ではありませんよ。

カミング30運動とは、「ひとくちで30回以上噛んで食べましょう。」その「食べ方」をとおして、より健康的な生活を目指そう。という厚生労働省の提唱する運動です。

よく噛むと、どんな良いことがあるのでしょうか?

  1. 肥満を防ぐ
    早食いの人ほど肥満傾向にあると言われています。よく噛むと満腹中枢が刺激され、少ない量の食事で、満腹感を得られるので食べすぎを防ぐことができます。
  2. 唾液の分泌をうながす。
    よく噛む事で唾液が分泌されます。唾液は口の中の細菌を洗い流し虫歯や歯周病を予防する働きがあります。
  3. 脳の働きが活発になる。
    よく噛むことで歯や舌をはじめ、味覚などの刺激が脳内に直接伝わります。さらに、顎の関節が動くことで、脳内の血流量がアップし脳の働きが活発になります。これらによって、記憶力・判断力・集中力が高まり、結果、寝たきりや認知症の予防改善にもつながります。

でも、カミング30を実践するのは、なかなか、
簡単にはできないのではないか?と思います。

そこでカミング30実践の、工夫を紹介したいと思います。

  1. 一口あたりの量を減らす。
    食事の量が同じでも、一口あたりの量を減らせば、たくさん噛めるのではないかと思います。
  2. 咀嚼回数を多くする。
    例えば、歯ごたえのある食品を選ぶ。ということになります。
  3. 食事の時間に余裕をもつ。
    時間がないと、早食いになってしまいますからね。まずは、一口あたりの量を減らすところから始めてはどうかと、思います。

ところで、成人の歯の本数を、ご存知ですか?

成人では、28本です。親知らずをふくめると32本になります・

噛むためには、ある程度の歯の本数が必要です。一般的に歯が20本以上あれば、食事に制限はなく、何でもおいしくたべられます。

しかしながら、歯の本数が十分であっても、右側のみ、左側のみなどの「片側噛み」が癖になっていると、歯や顎の関節を痛めるばかりか、顔のゆがみや、頭痛などの、からだの不調を引き起こすことがあります。「片側噛み」は虫歯や、歯周病、歯並びの悪さなどが、原因の場合があるので、一度歯科医に相談すると良いでしょう。

また、中高年になると、歯周病で歯を失うリスクが高くなります。このような、年代では、健康に気を付けながら食べたいものを食べるというよりも、歯の状態に合わせて食べやすい食品を選択しがちで、それが習慣化してしまいます。

すでに多くの歯を失ってしまわれた人は、かかりつけ歯科医による入れ歯の治療を受け、噛む機能を回復させることが大切です。

良く噛めることは、長生きで健康的なからだを保つことにつながります。定期的な歯の健康チェックと十分なブラッシングを行い、よく噛める状態を保つことができるならば、それは、なによりにも勝る、財産といえるでしょう。