「根面う蝕」をご存じですか?

太田新田歯科医師会
アルス歯科クリニック
院長 堀越 康介

 

「根面う蝕」をご存じですか?

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、根面う蝕とは名前の通り歯の根の面(歯根)にできるむし歯の事です。

昨今では健康意識が高まり、多くの歯が残っている高齢者も増えてきています。

それに伴い歯の付け根にできるむし歯も増えてきています。

歯周病が進行したり、力を入れすぎた歯磨きを長年続けると、歯肉の退縮が起こり、歯の根の部分が露出してしまう事が主な原因とされています。健康な時には歯肉に隠れていた根が外に現れてしまい、歯の根の部分はエナメル質がないのでむし歯になりやすいのです。

根面う蝕が進行してしまうと噛む所の歯(歯冠部)はピカピカなのに根元からポキリとおれてしまいます。これはとっても残念な事ですよね。

従来のむし歯ができたら「削ってつめる」治療ではなく根面う蝕にならないように『予防』していくことが重要です。

根面う蝕の予防のポイントを説明しましょう

歯肉を下げない事が大事!

特に歯肉が下がる原因となるのが「歯周病」です。歯肉の腫れやぐらつきなどを感じる前から定期的に歯周病の検査をしてもらい、歯科医院でのメインテナンスを受けることが大切です。むし歯と同じように根面う蝕の予防も歯ブラシが基本になります。しかし、力を入れすぎて磨いているとかえって歯肉を痛め歯肉が下がる原因となります。歯肉を傷つけないように優しく丁寧な磨き方も歯科医院で教えてもらいましょう。

歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助器具を使う事も大切です。

フッ素で歯を強化する

高濃度のフッ素配合歯磨き粉やフッ素洗口液を利用してフッ素が歯を補修する力をさらに強化しましょう。高濃度のフッ素配合歯磨き粉を使うときは適切な濃度のフッ素をお口の中に長時間残すため、すすぎは最低限(一回程度)で行います。

すすぐ水の量もおちょこ一杯ほどで少なめで結構です。

根面う蝕を予防して健康な歯でおいしく食事ができるといいですね。

もう一度考えてみませんか、お口のお手入れ

太田新田歯科医師会
岸歯科医院
院長 岸 隆史

 

もう一度考えてみませんか、お口のお手入れ

口は生きていく上で無くてはならない器官です。

呼吸をする、食事をとる、発音する…etc.これらの一つ失われても日々の暮らしには大きな影響が出てくるでしょう。

問題なのは、そうした大事な器官である口は「非常に危ういバランス」の上に成り立っているという事です。

口は絶えず外界と接しており、色々な刺激を受けています。また、温度、湿度、栄養といった微生物が生育するのに適した環境が整っています。形状も歯や舌などが複雑な形をしています。

日々の暮らしを健康で過ごす為には、この口という器官を大事に手入れしてあげる必要があります。それが「口腔ケア」なのです。

「口腔ケア」といっても広義と狭義の意味があります。

多くの方が「口腔ケア」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは「歯磨き」や「うがい」、一歩進んで「歯医者さんで歯石を取ってもらう」位だと思います。正解です。しかし、これは「口腔ケア」においては「狭義」に当たります。口腔内清掃は口腔ケアにおいてまず踏み出す第一歩です。では何故、口腔内清掃が必要なのでしょうか?これが「広義」の意味をもつ「口腔ケア」へと繋がります。簡単に言ってしまうと「微生物からの感染予防」「口腔機能の維持」、これが「口腔ケア」の本質であり目的です。

箇条書き的に挙げていくと…

  1. 虫歯や歯周病の予防
  2. 口腔疾患(口内炎やカンジダ症)の予防
  3. 口臭の予防
  4. 誤嚥性肺炎の予防
  5. 全身疾患(心筋梗塞、糖尿病)の予防
  6. 食欲増進
  7. 摂食嚥下の維持
  8. 発音、構音によるコミュニケーション
  9. 唾液分泌促進
  10. 味覚の維持
  11. 対人関係、見た目の維持
  12. 全身のバランス
  13. 認知機能向上

我々、歯科医師や衛生士は皆さまの健康維持の為にこういった「口腔ケア」のお手伝いは出来ます。あくまで主体は皆さま自身になります。

日々の生活を豊かに、そして健康的に過ごす為に毎日の「口腔ケア」を心掛けてください。

令和4年度 歯と口の健康フェア~歯っぴいライフで8020~ 中止のお知らせ

例年6月に開催しております、歯と口の健康フェア~歯っぴいライフで8020~は、新型コロナウイルス感染症予防対策のため、開催を中止とさせていただきます。

なお、歯科保健啓発図画・ポスター・標語コンクール優秀作品の展示は、行う予定です。