義歯を入れられる患者さんへ

太田新田歯科医師会
はしづめ歯科医院
院長 橋爪 雅

義歯を入れられる患者さんへ

初めて入れ歯を装着した場合、異物感に慣れるよう努力が必要です。人によっては慣れるのに3ヶ月位かかることもあります。食事については硬いものや大きな食片は避け、小さくて柔らかい食事から徐々に慣らしていきましょう。

また、場合によっては、

  • 唾液が出やすくなる
  • 歯や歯肉がしめつけられる感じがする
  • 話しにくい、発音しにくい
  • 熱や味覚に対して鈍感になる
  • 気持ち悪くなったり吐き気がしたりする

というようなことが起こることがあります。そのような場合は、入れ歯をお口の中に装着する時間を最初は短くし、それを少しずつ伸ばすなどして慣らしていくようにしましょう。

新しい入れ歯の場合、入れ歯のふちが粘膜を傷つけ、潰瘍をつくる場合があります。食物の咬み具合や義歯のあたり具合をみながら数回の調整が必要な場合があります。また、患者さんの中には入れ歯を削る、留め金を締めるなどご自身で調整してしまう方がいらっしゃいますが、そのようなことは絶対にやめていただき必ず主治医に相談してください。

総入れ歯では前歯で食物を咬むと入れ歯がはずれやすいので、大きい食物は細かくし、左右両側の奥歯で咬むようにしてください。

どんな入れ歯にも汚れが付着し、細菌が繁殖して義歯性口内炎を起こすことがあります。

天然歯と同様にブラシで清掃してください。その際研磨剤が入ったものは避けてください。また市販の入れ歯洗浄剤に浸すのも良いでしょう。

ただし、入れ歯洗浄剤の種類によっては「総入れ歯用」と「部分入れ歯用」に別れている場合がありますので注意が必要です。

特に部分入れ歯に総入れ歯用の入れ歯洗浄剤を使うと入れ歯を支える留め金が黒く変色してしまうものもありますので気を付けてください。熱湯を使っての消毒は入れ歯のヒビ割れや変形をおこすので絶対にやめてください。

夜間就寝時は、入れ歯をはずして水を満した容器に入れ、乾燥しないように保管してください。これは乾燥による入れ歯の変形を防ぐとともに就寝中に粘膜や骨を安静に保ち健全にするためです。

顎の形は常に少しずつ変化しています。主治医の指導のもと、必ず定期検査を受けてください。

口臭について

太田新田歯科医師会

尾島デンタルクリニック

院長 林崎 雅樹

口臭について

今日は多くの人が気にしている口臭について少しお話しします。

まず、口臭が発生しやすい条件とお口の唾液とは密接な関係があります。

朝起きてすぐの口臭やストレスなどによる口臭、体調不良による口臭などは、いずれも唾液の減少により起こります。また、耳鼻科的な病気やあるいは歯並びが悪いためなどで鼻での呼吸ができず口で呼吸をすることによっても口臭がすることがあります。

それ以外の局所的要因としては、お口の清掃不良による場合、また歯周病など歯茎のどこかに炎症がある場合などももちろん口臭につながります。喫煙によるタバコのヤニによる口臭やタバコに含まれるニコチンによる口腔乾燥により口臭が発生します。

ではどのように口臭を防ぐかという点ですが、最近使用する人が多い「清涼タブレット」は一時的なものと考えてください。

やはり一番の防止策は適切なブラッシングです。その人その人によって一番適しているブラッシングの方法や歯ブラシの種類などがありますので 是非かかりつけの歯科医院で指導してもらってください。口臭の原因にもなる歯石が歯に付着している場合は必ず除去してもらってください。また、舌表面に付着する舌苔(ぜったい)も原因の一つなので舌磨きをするのは良いのですが、過剰な舌磨きは 舌乳頭や味覚細胞を傷つけ、かえって乾燥が起こりやすくなったり、味覚障害を引き起こすこともあります。舌苔を取りすぎないでください。

以上のように口臭が気になるときのみならず、普段から虫歯や歯周病のチェック、定期的なスケーリング(除石)をしてもらいに、かかりつけの歯医者さんで診てもらうのが一番の防止策です。

最後に一番大事なことかも知れませんが、人には誰にでも生理的な口臭があります。

自分が気にしていても、他人は全然気にならない場合もあります。自分で口臭が気になったら一度家族や仲の良い友人に確かめてもらうというのもよいと思います。

くれぐれも自分一人だけで必要以上に過敏にならないように(自臭症)に注意し、気になればかかりつけの歯医者さんに相談しましょう。

このページの先頭へ