歯科健診のすすめ

太田新田歯科医師会
ラブ歯科クリニック
院長 松尾 直大

歯科健診のすすめ

こちらの放送でも前回告知させていただきました「歯と口の健康フェア」が6月2日開催されました。地域の方々への歯科情報の提供、口腔ケアに対する意識の向上を目指したイベントです。小さなお子さんから高齢の方まで約1200人の多くの方々にご来場いただきました。ありがとうございました。来年も同じ時期に開催されますので、よろしくお願いします。

健康フェアに歯科相談のコーナーがあるのですが、そこで「少し違和感がある程度でも受診していいでしょうか」という質問がありました。

痛くなって歯科医院に行くという方も多いと思いますが、痛くなった時には原因となる虫歯や歯茎の炎症が進行していることがあります。痛みが出る前の、食べ物が詰まる、とか、歯磨きの時に違和感がある、といった段階で治療ができると痛みなく治療もすぐに終わることが多いです。ですから、少し違和感があったら歯科医院を受診してください。

できれば、違和感を感じる前に定期健診を受けることをお勧めします。健診では「虫歯・歯周病のチェック、詰め物に不具合がないか、ブラッシング指導・歯石の除去、頬や舌など粘膜に異常がないか」などをみていきます。

定期的に健診を受け、ブラッシング指導を受けることで自然と歯に対する意識が変わってきますし、クリーニングできれいになった状態を保つために毎日の歯ブラシがより丁寧なものになります。そうすることでお口の中を清潔でいい状態に長く続けることができるでしょう。

健診の間隔はその人のお口の状態によりますが3か月から半年が目安になります。

いま、定期的な健診を受けていらっしゃらない方は、かかりつけの歯医者さんで、ぜひ健診について聞いてみてください。

このページの先頭へ