スポーツマウスガードについて

【マウスガードとは】
今日はスポーツマウスガードについてお話します。

ボクシングなどで、試合の合間に何かを口の中に出したりいれたりしているのを見ますが、あれがマウスガードです。
マウスピースという呼び方もありますが最近はマウスガードの名称が一般的です。
スポーツによる口やアゴのケガは意外に多く、コンタクトスポーツ、つまり選手同士や用具などとの接触を伴う可能性のあるスポーツで特に多く発生します。
マウスガードはその名前の通り、歯やアゴのケガを予防するための用具です。
主に格闘技で以前から使われてきましたが、近年それ以外のスポーツ競技においても、特に激しい衝突が多くケガの多い競技での外傷予防効果が認識されて急速に普及してきています。
そしていくつかの競技ではマウスガードの装着が義務づけられています。
ボクシング、空手、ラグビー、ラクロスなどです。
ただそれら義務化された競技以外でも、自発的にマウスガードを使う選手が増えてきています。

【どんな効果があるか】
マウスガードはとても弾力性が高く、軟らかな樹脂でできています。
通常上顎に着けて使い、歯と歯ぐき全体を覆うような形をしています。
マウスガードは、歯をカバーして直接的な衝撃から歯の損傷を防ぐとともに、上下のかみ合わせのクッションとして働き、アゴのケガや脳震盪を防いだり、軽減したりする効果があります。
脳震盪の予防はマウスガードの重要な効果で、アメリカンフットボールのようなヘルメットを付けて行うスポーツでもマウスガードは有効です。
さらには近年、筋力やボディバランスの向上など、競技能力の向上のためにマウスガードを活用することも研究され、実際に多く使われるようになってきています。

【どうすれば手に入るか】
マウスガードは大きくわけて2つのタイプがあります。
1つはストックタイプと呼ばれる市販の既製品で、もう1つはカスタムタイプで、その人の歯型に合わせて個別に制作するものです。
既製品はスポーツショップなどで購入できます。
気軽に使うことができるのが何よりの利点ですが、歯に充分フィットしないので装着感が悪く、ケガの予防効果も劣ります。
カスタムタイプは、歯型を取ってそれに合わせて制作するため、口にぴったりフィットして違和感が少なく、強い衝撃でも外れることもありません。
また呼吸や会話にもほとんど影響しません。
カスタムマウスガード製作のためには歯科医院を受診していただく必要があるため、その手間と、そして少し余分に費用がかかるのが欠点ですが、
それ以外ではあらゆる面で既製品より優れますので、できれば一人でも多くのプレイヤーにカスタムマウスガードを使ってもらいたいと思います。
なおマウスガードの製作には保険は使えません、自費診療になります。
そしてすべての歯科医院で対応しているわけではないので、興味をお持ちになった方は、まず電話などで各歯科医院や歯科医師会にお問い合わせください。

指しゃぶりの癖について

以前この時間に指しゃぶりについてお話した事がありましたが、今回は前回お話仕切れなかった部分をお話してみようと思います。

 このような話題をお話する中でお母さん方が一番知りたい事というのはどうしたらよいか?と言う事だと思います。
第一に歯並びが悪くなる事と指しゃぶりや爪を咬むなどの癖とは直接関係が無い事が多く、その子供にとって精神の状態、体の状態を維持するために必要であったりと、人それぞれでありその対応もさまざまです。
ではどうしていったら良いのでしょうか?

ある男の子なのですが、指しゃぶりの癖が中々直らないと相談を受けた時のお話をしてみようと思います。
その男の子は6歳になっても指しゃぶりの癖が直らず、上の前歯は少し唇側に傾いていました。
この男の子の場合指しゃぶりと歯並びが悪くなるという事は別の原因で、今回の場合あまり相関関係は特にありませんでした。
歯並びが悪くなった理由の一つがまず舌の位置。舌がその男の子にとって一番良い状態の位置から上前方にずれていて、常に上の前歯に接触して
前に押していたと言う事。そしてもうひとつは上唇の筋肉が弱く、うまく機能していなかったと言う事です。
本来なら舌が前歯を押そうが唇の筋肉がバランスをとってくれて、歯は適正な位置に誘導されて来ますので、このバランスが悪くなってしまった結果歯が動いて来てしまったとも考えられます。
この男の子の舌の位置のズレや上唇の筋肉が弱くなってしまった原因は首の骨、頚椎のズレや仙骨の未発達などが考えられます。
この男の子は3人兄弟の2番目で上のお兄ちゃんも活発で、赤ちゃんの頃から捕まり立ちをし、早くから歩き回ってお兄ちゃんを泣かしていたそうです。
子供の骨の発達というのはきちんと順番があって、生まれてからすぐ仰向けに寝る・うつ伏せになる・ハイハイをすると、きちんと骨が出来上がる順番が決まっていますので、その準備が十分にとれていない間に立たせてしまったりすると、特に口は全身のセンサーの役割を持っていますから、歯並びが悪くなったりすると言う事で知らせてくれたりする訳です。

そしてやっと本題の指しゃぶりですが、この男の子の場合胃腸が弱く元気で活発なわりに食が細く、下痢などしやすいと言う事がありました。
その子はまだ自分で胃腸の調整がうまく出来なく、指しゃぶりする事により胃腸の調整をしていたんですね。
「赤ちゃんの時と同じ事をして」と言う事です。
こういう場合は大きくなるにつれて胃腸の動きを整える機能が出来て来ますのでほって置いても直ります。
この男の子は現在小学3年生になりましたが自然と指しゃぶりは直ってしまいました、特に指しゃぶりに関しては指導していません。

 これまでお話してきた事はその子だからこそ当てはまるのであって、他の子ではそうとは限りません。
私達からお母さん達にお願いしたいのは出来るだけその子の情報を教えて欲しいという事です。
今回例出した男の子は身内の子なのであらかじめ色々の情報を知っていましたし、長期の経過も見ることが出来ました。
実際来院されて短い診療時間の中ではこれだけの事を調べる事は出来ないかもしれないですが、お母さんと一緒にその子を知る事で、私達歯科医師が一緒に出来る事が見つかると私は考えております。

親知らずについて

二十歳も過ぎ、ほかの歯に比べて遅れて生えようとしてくる奥歯があります。
人生50年といわれた昔は、親が亡くなってから生えてくる歯であることから、「親知らず歯」と名づけられたようです。
歯科医はこの歯を第三大臼歯と呼んでいますが、知歯とも呼ばれています。
この歯は口の奥のほうに、季節はずれといってよい時期に生えてきて面倒を起こすことが多い歯で、時に患者さん泣かせであり、時に歯科医泣かせの厄介ものである場合が多いのです。

 親知らずは普通、上あご、下あごの左右にそれぞれ1本ずつ、計4本あるのですが、人によってはもともと持っておらず全く生えてこない場合もあり、1~4本生えてくる人もいます。
 一方、顎の骨の内部の隅の方でおかしな形になったり、曲った方向をむいて一生生えてこない場合が多くあります。
また、生えてきても、生える余地が少ないために、歯冠の一部だけが口腔内に頭を出してきたりします。
この部分は歯ブラシなどでの清掃がしにくいてためにむし歯や歯周病になりやすく、また反対側の歯や頬の粘膜にぶつかって痛みや不快感などの症状を起こします。
このように、親知らずの周りには智歯周囲炎といった炎症が起こりやすくなり、とくに下の埋伏智歯は重症の感染症をきたす場合があり、さらに嚢胞という病気の原因になることもあります。

 このように、親知らずはその本来の物を噛むという機能を果たさないことが多いばかりでなく、からだの中の邪魔者となって害になっていることが多く、口腔の健康を維持するためには抜かなければならない場合が多いのです。
 しかしながら、自家歯牙移植という治療法が存在し、親知らずの保存が移植歯・ドナー歯として役に立つ場合もあることも知っておいていただきたいと思います。

最後に、大まかに残しておけるもの、残しておいたほうがよい歯とは
① 上下しっかりと生えていて、よく噛んでいる歯
② そこそこ、しっかりと生えていて清掃状態が良好な歯
残さないほうがよい・抜いたほうがよい歯は
① 大きなむし歯で痛いあるいは痛くなりそうで、治療の難しい歯
② たびたび歯肉が腫れて痛くなる歯
③ まっすぐに生えていないなどで、汚れがたまり隣の歯に悪い影響を及ぼす歯
その他にも、状態によって判断は様々ですので、気になるような親知らずをお持ちでしたら、一度かかりつけか近くの歯科医院で診てもらうことをお勧めします。

「リラックス」して安心・安全な治療を!

私たちは、外界からのさまざまな刺激(ストレス)を受けています。
このストレスに反応するのが自律神経系です。
自律神経系では、交感神経と副交感神経がそれぞれ拮抗する作用を持って生体を統御しています。
 交感神経が優位なときは、私たちがストレスと戦っている「戦闘状態」にあることを示します。
逆に副交感神経が優位なときは、安らいだ「リラックス状態」であることを示します。
 たとえば、あなたが森の中で突然くまに出会ったときを想像してください。まず、あなたの瞳孔は大きく見開かれ、全身は鳥肌が立ち、手に汗にぎり、全身の筋肉はこわばります。
これはすべて、交感神経の作用なのです。
さらに、血管が収縮して、血圧は高くなり、心臓は早鐘のようにドキドキし、口の中はカラカラになります。
これらも交感神経の作用です。

こうした反応は、人が身構えるときに生じます。
人前で何かを喋らないといけないときや、怖い上司や嫌いな人に会ったとき、そして、歯科治療に不安があるとき、歯科で歯を削るキュイーンという音を聞いたとき、口のなかに麻酔注射をされるときにもこのような反応は起こっているのです。
 これに対して精神的にリラックスした状態では、副交感神経系が優位になります。
瞳孔は小さく、胃液や唾液の分泌は高まり、手や足は温かく気分も楽な状態です。
このとき血管は拡張し、血圧は安定し、脈拍も落ち着き、穏やかな風景のなかでゆりかごに安心して揺られているような状態です。
 歯科治療も、このような副交感神経優位で受けていただきたいというのが、じつは歯科医師の理想です。
でもなかなかそうはいきません。だからこそ、治療する歯科医師は、安心で安全な治療を提供していることをご説明し、患者さんの十分な信頼を得ようと努力しています。
もしも歯科治療の内容に不安なことがあったら、そのむねを伝え、十分な説明を受けてください。
また、治療中に痛みなどいやなことがあったら、歯科医師に伝えるなどぜひコミュニケーションをお願いします。
リラックスして歯科治療を受けることは、とても大切なことなのです。